いつもはじまりはこのOne stage

マリオ64RTA

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ぶっこわテクスチャセットアップ】 橋のつかむ位置と成否の関係をグラフ化してみた

テクスチャセットアップがとれなさ過ぎてイライラしたのでどの位置だと取れるのか検証してみました。

・はじめに
 ぶっこわのスターを取るにはノンストップでとるかセットアップでとるかの2つがあります。
セットアップには2種類あり、通常のセットアップテクスチャセットアップ(通常より約2秒早い)と呼ばれるものがあります。

 最後のつかむ位置は通常のセットアップ(図1)は橋のすぐ右を最初につかむのである程度固定化されているのですが、テクスチャセットアップ(図2)の場合特に何もないところをつかんでいるためずれが生じます。
↓細かいやり方はアッキー氏が解説しています
【biimシステム】マリオ64 ぶっこわ『テクスチャセットアップ』解説

図1↓
b-4-2.png

図2↓
b-1-3.png

 このずれによってスターが取れたり取れなかったりするため日々プレイヤーをイライラさせています。そこで今回マリオの座標を細かく動かしてどの位置だと取れてどの位置だと取れないのか検証してみました。

・検証方法
 今回使用したのはツールはMupen 64(エミュ)とSTROOP、ROMはUsamuneRom ver1.85(US)を使用しました。Mupen64でUsamuneRomを起動して、STROOPで接続する(?)ことでマリオの内部の情報を見ることができます。
 今回はマリオの座標を見ればいいのでこの部分(図3)をみればつかむ位置を細かく見ることができます。また、橋のつかむ位置を変えてもYとZの座標が変わらないためXの値だけを見ればいいことが分かります。

↓図3
b-2-2.png


 次に座標を変更する方法ですが、Position(図4)で値を変更することで座標を変更できます。今回はX座標を変えるだけでいいので矢印の部分を押せばOKです。一回当たりに変える値は今回は+0.25としました。Xの値が大きくなるとつかむ位置は図2でいうと右のほうに移動していきます。

図4↓
b-3.png

・検証結果
結果をグラフにしてみました。とりあえず結果図(図5)がこんなかんじです。

図5↓
b-6-2.png

 縦軸をスターが取れた時を1、取れなかった時を0としています。横軸はつかむ位置の座標で、Xが大きくなると図2でいうと右に移動します。1074~のデータは1100ぐらいまでいっても取れなかったので書いていません。取れる、取れないを交互に繰り返している結果が得られました。
 数字の大きさについて、例えば一番左の取れる範囲が約3ピクセルですがどれぐらいかというと、GSやEDを持っている方はわかると思いますが走っているときの速度31とかありますよね。それがそのままピクセルを表していて31pixel/frameとなっています。ゆっくり歩いたときが速度一桁ぐらいなのでゆっくり歩いて1フレーム経過したときのマリオの動く距離ぐらいとなります。ようするにめちゃくちゃ短い距離ということです。
 ほかにもとれる幅が等間隔ではなく、一番右の幅が一番広い結果が見られました。

・考察
・取れる範囲の位置を狙ってつかめるか
 絶対無理とは言いませんがかなり無謀だと思います。少なくとも左三つの幅の3ピクセルぐらいの幅を狙うのは人間にはきついと思います。ゆっくり狙ってつかんだらあまり意味ないですしね。みぎのほうはやや広いのでいけるのかなって感じしょうか。図ではすごい広そうに見えますが、実際はものすごいせまいです。

・通常のセットアップはどの位置?
 試しにやってみると1070ぐらいの値でつかみました。これはなんと一番右の幅の真ん中に位置していて、最も取りやすい位置に当たります。偶然だと思いますが昔に考えた人はすごいなーって思いました。ちなみにパンチキャンセルをすると1065(ちょうど取れない位置)になったのでちゃんとパンチは出し切りましょう。

たまに橋にめり込むようにつかんでスターが取れないことがありますが、(図6)

図6↓
b-5-2.png

このときは1076ぐらいとなり、やはり取れない位置でつかんでいることが分かります。

・取ることが可能な範囲の位置でつかむと取れる確率
 取れる一番左(1051.903)からとれる一番右(1072.403)の間にとりあえずつかんだとしたときのスターの取れる確率は68/83*100=81.93%となります。

・c右やRを押すと取りやすくなる?
 わかりません。確かに取れない位置でつかんでもリカバリーでとれますがそれを判断するのは非常に難しく、取れる位置で押してしまうと逆に取れなくなることもあります。c右を押すことで一番右の幅でつかんだ時の挙動を取るのなら有用だと思いますが僕にはわかりません。

EDのmemoryでX座標見れたら便利かも?
(追記:80339E3C(f32)でみれます)

・補足
・一回座標を変えるごとにc右一回、c左一回を押してカメラを調整しています。
・UsamuneRomのInput機能を利用して真下全開に入っているのを確認しています。
・スティック入力ではなく、特定のボタンを下入力全開に設定しているので操作ミスはしません。
・スターを取る前にc右やRは押していません。
・つかんだまま座標を変えることに影響があるかをみるために十数回ほど座標を見ながら境目あたりを自分でつかんで確認してみましたが結果通りだったので問題ないかと思います。
実験結果の生データ
・結論
・取れる、取れないを交互に繰り返している

・とれる幅が等間隔ではなく、一番右の幅が一番広い

・取れる位置を狙ってつかむのは基本無理、一番右ならできるかもしれない

・通常のセットアップは一番右の幅の真ん中で最も取りやすい位置

・c右やRを押すと取りやすくなるかは不明
スポンサーサイト



| 講座 | 02:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT